昼間に行灯の燈る部屋
ここはWTRPGの話題を中心に、RGM-179が独り言を言ってるところです。 掲載されているOMC作品の著作権は株式会社クラウドゲート、 及び各製作者に帰属するので、作品の改造行為・無断転載は禁止です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE DAY MORE
久しぶりに観たけど、感動は変わらず・・・
RGM-179です。

昨日の夜ですが、久しぶりにレ・ミゼを観に行って来ました。
前回の公演は名古屋に来なかったから観にいかなかったから何年ぶりだろう・・・
細かい感想は長くなるので追記に書くとしてとりあえず・・・最高でした!

色々ということはあるけど、やっぱりレ・ミゼはよかった。
始まった瞬間からドキドキして、最後は感動。
何度観ても飽きません。
つか何度見たかも忘れましたが(ぁ)
そんなわけで細かい感想でも。

前回ぐらいから演出やら脚本が変わっているようで、観ていて色々と違和感が。
一番の問題は演技が早すぎること。
もともと3時間半あった時間が、今は3時間だからなんともね・・・
そのため、初期にあったシーンが大分削られてるわ、歌まで変わってるところがあったのが残念。
昔の方がよかったんだけど、何で変えてしまったのか・・・

歌での大きな変更はガブローシュの歌。
ジャベールを捕まえた後、「どんなもんだい!」というシーンの歌、後半がまるまるカット。
何で削ったのか分からないなー。好きなシーンだったのに。
そしてガブローシュが死ぬシーンの歌はまったく別の歌に変更。
ただ歌が悪く今一感動できない。前の歌の方がよかったのですけど・・・何がしたいんだ、スタッフ。
それ以外にも場面の移り変わりが速かったりして、間が殆どなくなってるから忙しい。
ちょっと強引過ぎて初めての人は前以上に理解不能でしょうな。
元に戻せないものですかねぇ・・・

その辺りが今回の全体の不満点か。

最後はメインキャストの感想。

ジャン・バルジャン(山口・祐一郎):ジャン・バルジャン役は今はもうこの人一択。他の人は選べないですね。最近は演技も上手くなり、後半の祈りやエピローグでは泣けてくる。歌も上手いんですが・・・今回は調子が悪かったのか高音が出てませんでした。前半のソロが今一だったのが残念。

ジャベール(岡・幸次郎):背が高く怖いジャベールの感じは出てるんですが・・・歌が残念。声は悪くないんですけど、音程の幅がないのと自分が一番!という雰囲気が出ているのとでジャベールにはあわない。何故かこの人がジャベールをやると、ジャベールの神出鬼没なところがまったくなく、出てくるのがバレバレなので良さが出ない。素直にアンジョルラスやってればよかったのに・・・

フォンティーヌ(今井・麻緒子):まあそれほど出番ないしいいか。そんな感じ。声は出てなく音程の幅もないので・・・まあよくはない。

エポニーヌ(新妻・聖子):この役はどうしても日本最高のエポニーヌ役、島田歌穂と比べられるので損な役かも。ただ歌も悪くないですし、演技も悪くないのでよかったのではないかな、と。でもやっぱり、手紙をバルジャンに渡した後、砦へと走り去るシーンの格好良さは島田歌穂に勝てない・・・

コゼット(神田・沙也加):なかなか最高という人が生まれないこの役。今回の人も出だしは少し不安でしたが・・・途中からは安心してみていられたかな。高音も出せるので問題なし。

アンジョルラス(原田・優一):今回の一番驚いた人かも。初めての出演だったのですが、声もよく演技も上手く格好もいい。最高のアンジョルラスかと。身長も低くはないのですが、他のメンバーが高くてどうしても低く見えるのが唯一の問題点。だがそれを除けば岡さんのアンジョルラス以降では、最高のアンジョルラスではないかと思います。後、以外にアドリブも出来るのか結婚式のシーンでのお遊びが笑えました。岡さんよりも遊んでますな、この人(ぁ)

マリウス(小西・遼生):よし、馬鹿にするのも大概にしておけ。問題外。そんな感じでした。歌は棒読みでただ歌ってるだけ。声も出てない。演技が出来てない、といいところ無し。背が高く足も長く顔も格好いいので演劇に出てればいい役者なのかもですが、レ・ミゼには会わない人ですね。安達裕美のコゼット並の大外れかと。この人は観にいかない方がよい。寧ろ観てはいけない。

テナルディエ(駒田・一):テナルディエ役もこの人一択ですね。前回以上にはっちゃけて面白かったです。演技も上手くて笑わせる。駒田さんは上手いなー、やっぱり。

テナルディエ夫人(阿知波 悟美):ぶっちゃけ森久美子以外のテナルディエ夫人はかなーーーり久しぶりだったのですが(森久美子が出始めてからそれ以外で観た事がない)、意外と面白かった。この人でも全然問題ないですね。

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rgm179.blog32.fc2.com/tb.php/329-5b7a213a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。